女性性器の悩みを解決する|小陰唇の肥大が気になるなら産婦人科に問い合わせよう

小陰唇の肥大が気になるなら産婦人科に問い合わせよう

女性性器の悩みを解決する

ヒップ

手術を決断する場合

小陰唇が肥大化する原因には、様々なものがあります。男遊びが原因などと指摘されがちですが、これは事実を誤認した噂でしかありません。右と左が対象でなかったり、肥大化することで恥ずかしいと感じることと、衣服と擦れることで痛いなど弊害があるために、女性の悩みとなりがちです。形状や大きさには個人差があり、必ずしも肥大化しているは言えないケースであっても、本人が悩んでいるケースも多くあります。引っ張った状態で数センチとなると、大きいとも言えますが、必ずしも外科手術が必要といことでもありません。肥大化すると外側に出ていますので、小陰唇は色素沈着により黒ずんで見えることがあります。あまりに悩みが深い場合や、痛みが伴う場合は小陰唇の縮小手術を行なうことができます。

手術をする目的

美容外科で小陰唇の肥大を解消するために、縮小手術を受けることが可能です。見た目を改善して、パートナーとの性交渉に自信を持って臨みたいと考える方のニーズに応えます。また、小陰唇の肥大化によって、擦れて痛い、座ると違和感がある、汚れが溜まりやすい、臭いなど、実際に弊害が生じている場合も縮小手術に踏み切る動機となります。男性経験がない方でも、肥大化する場合があり、男遊びが激しいと誤解されるの嫌であるというのも手術を望むケースとなります。但し、保険外手術となりますので、費用がかかりますので、後悔しないために、しっかりとしたカウンセリングをしてくれるクリニックを選ぶ必要があります。術後に気に入らないと後悔することになると、やり直し場合は別途費用が発生しますので注意してください。