人に言えない悩みを解決|小陰唇の肥大が気になるなら産婦人科に問い合わせよう

小陰唇の肥大が気になるなら産婦人科に問い合わせよう

人に言えない悩みを解決

困る女性

美容外科の上手な利用方法

小陰唇が肥大した状態は、とても個人的な悩みであり誰にも相談できない方も少なくありません。美容外科を受診して、縮小手術を受けることも可能ですが、不安や疑問があって、二の足を踏んでしまいかねません。受診しにくい精神的なハードルをクリアするためには、カウンセリングをしっかり受けて、自分なりに納得できることが第一に重要です。スタッフの対応も含めて、相談がし易い事を判断基準に入れても良いでしょう。また、ドクターが男性ですと、小陰唇肥大の悩みを相談しにくいと感じるかもしれません。女性のドクターが診察の段階から手術までを全て担当してくれるクリニックもありますので、心理的に抵抗も軽減されますので参考にしてください。

手術前後の注意点

小陰唇肥大の有効な対策となる縮小手術は、小陰唇の肥大した箇所を切除しますので術後はできるだけ安静にしておくことが推奨されます。また、保険外診療となりますので、費用がそれなりに必要となります。その上、やり直しがしにくい治療ですので、事前に納得がいくまでの説明を受けましょう。症例の写真や図解などで、出来栄えを教えてもらうことで不安を解消します。術後は患部が腫れる場合がありますので、できるだけ安静にする必要があります。激しい運動や性行為を避け、数日間は入浴は避けてシャワーなどで済ませます。切除手術によって縫合した傷口が自然に回復するまでの辛抱です。必要以上に刺激を与えない配慮をすべき期間ですので、飲酒も控えください。アフターフォローが大切ですので、クリニックの経過観察のための診察は休まず受診することをお勧めします。