小陰唇の肥大が気になるなら産婦人科に問い合わせよう

特徴とメリット

笑顔の女性

肥大した小陰唇を手術で改善するのが小陰唇縮小手術です。大きさや左右のバランス、色のコンプレックスがなくなり、自分に自信が持てるようになります。また、最近は介護に備えて小陰唇を手術してきれいにしておく女性もいます。

治療で悩みを解消

お尻

治療も検討してみよう

女性器の形や大きさにも個人差がありますが、他の人と比較することは難しい部位ですので、正常であるのか、異常があるのかは素人では判断しづらいものがあります。小陰唇の肥大で悩む人も少なくありませんが、その原因も先天性のものから、加齢や妊娠の影響など実に様々なものがあります。小陰唇が肥大しているかどうかを確認する方法としては、まず足を閉じていても大きくはみ出してしまう、左右差がある、座ったときや下着の圧迫などで痛みがあるなどがあげられます。治療が必要であるかどうかの判断は医師に行ってもらうことができますので、まずは婦人科や美容整形外科などの医療機関に相談してみてはいかがでしょうか。治療の必要がなければとりあえず安心ですし、治療が必要な場合はそれぞれの悩みに会う治療が選ばれることとなります。

日帰りで行える

小陰唇の肥大は手術で対応できることがほとんどですが、デリケートな部位ゆえ、治療には抵抗があるという人も多いのではないでしょうか。小陰唇肥大の治療は、まずは余計な部分を切り取り、きれいに縫合することで行われます。時間も短時間で終えることができ入院が必要ないことがほとんどです。そして麻酔も行いますので治療中の痛みの心配もありません。吸収糸を使う場合は抜糸の必要もなく、数日後にはシャワーを浴びることもできますが、しばらくは性行為は控えておく必要があります。小陰唇の縮小治療がうまくいくと見た目のコンプレックスから解消されることはもちろん、痛みなどの不快感も軽減されますし、臭いや黒ずみの悩みも解消できるようになります。

人に言えない悩みを解決

困る女性

小陰唇が肥大すると人知れず深い悩みとなりがちです。男性経験があるかのように見られてしまうために、縮小手術を選択する方も少なくありません。不安を解消するためには、カウンセリングを積極的に行う、女医のいるクリニックを選ぶことをお勧めします。

女性性器の悩みを解決する

ヒップ

小陰唇肥大化に悩んでいる女性は少なくありません。左右が非対称であったり、大きくなり黒ずんでいるために見た目で悩んでいるケースと、衣服に擦れて痛い、座ると違和感があるなど実害が発生しているような場合です。後悔しない小陰唇の縮小術を受けるようにしてください。